こちらをクリックして「都立高校バレーボール部」のページへ飛んでください

ハイキュー!! を使って記録用紙の書き方を学ぼう⑤ ~ゲーム終了後~

この記事の関連ページ

ゲーム終了後の作業

試合が終了したからといって、記録員の仕事が終わりではありません。試合結果の集計を行います。

参考までに各セットの最終記録を下に示しておきます。

  • 第1セット

f:id:meguro-0320:20180930152436p:plain

  • 第2セット

f:id:meguro-0320:20181001093554p:plain

  • 第3セット

f:id:meguro-0320:20181007092244p:plain

 試合結果まとめ

記録用紙右下の試合結果欄に各セットの結果を記入します。該当がない部分は空欄にせず”0”を記入します。

今回、各セットにかかった時間が分からなかったため未記入ですが本来は記入します。

正しく入力できていると、セット時間の合計と試合所要時間の差が6分となっているはずです。

f:id:meguro-0320:20181007093854p:plain

キャプテンからサインをもらう

もう一つ大きな仕事があります。

試合終了後、各チームキャプテンからサインをもらうようにしてください。

すべての内容の記入を終えたら審判団のサインをしてください。

サイン後、本部へ記録用紙の提出をしてください。

f:id:meguro-0320:20181007093904p:plain

f:id:meguro-0320:20181007093959p:plain

まとめ

以上が記録用紙の書き方になります。

初めは難しく感じますが、何度も経験するうちに書けるようになります。いきなり大会の記録員をするのは敷居が高いと思いますので、ハイキューの他の試合で記録を付けてみてください。