ハイキュー!!でバレーを学ぼう【ローテーション編①】

「烏野VS音駒」の第1セットを例にして考えてみましょう。

 

狐爪(音駒)サーブ

音駒が点数をとり続ける限り(烏野が1点とるまで)この状態が続きます

音駒
 ーーーーーーーーーー
 |狐爪 福永 夜久|
 |犬岡 山本 海 |
ーーーーーーーーーーーーネット
 |澤村 日向 田中|
 |東峰 西谷 影山|
 ーーーーーーーーーー
烏野
日向の変人速攻により、烏野が1点とったため、烏野にサーブ権が移ります

 

烏野 1-0 音駒
田中(烏野)がサーブ
先ほどとは逆に、烏野が点数をとり続ける限り(音駒が1点とるまで)この状態が続きます

音駒
 ーーーーーーーーーー
 |狐爪 福永 夜久|
 |犬岡 山本 海 |
ーーーーーーーーーーーーネット
 |東峰 澤村 日向|
 |西谷 影山 田中|
 ーーーーーーーーーー
烏野
東峰(烏野)がスパイクを決める

 

烏野 2-0 音駒

コミックでは描写がありませんが、このあと音駒が1点とったようです

烏野 2-1 音駒
犬岡(音駒)がサーブ
ここで注意してもらいたいのが、音駒チームです。
夜久はリベロのため、前衛でプレーすることができません。
犬岡がサーブを打つ前に黒尾と交代します。
※犬岡がサーブを打ち続ける間は音駒コート内にはリベロがいないことになります

音駒
 ーーーーーーーーーー
 |犬岡 狐爪 福永|
 |山本 海  黒尾|
ーーーーーーーーーーーーネット
 |東峰 澤村 日向|
 |西谷 影山 田中|
 ーーーーーーーーーー
烏野
烏野がすぐに1点返す

 

烏野 3-1 音駒
日向(烏野)がサーブ
ここでのポイントは2つ
①烏野
 先ほどの音駒と同様、西谷はリベロのため前衛でプレーすることができません。
 日向がサーブを打つ前に月島と交代します。
※日向がサーブを打ち続ける間は烏野コート内にはリベロがいないことになります

②音駒
 犬岡のサーブが終わったので犬岡とリベロである夜久が交代しています
 夜久は必ず犬岡と交代しなくてはいけないわけではありません。
 ルール上は後衛である狐爪や福永と交代することもできます。

 

音駒
  ーーーーーーーーーー
  |夜久 狐爪 福永|
  |山本 海  黒尾|
 ーーーーーーーーーーーーネット
  |月島 東峰 澤村|
  |影山 田中 日向|
  ーーーーーーーーーー
 烏野
描写がないため、以下ローテーションのみ紹介
山本(音駒)サーブ
サーブ権が音駒に移ったので、日向と西谷が交代